理想の職場はこうして探せ!

ジョブチェンジの成功率を高めるコツを紹介

現職の短所だけでなく長所も考える

看護師は現職で抱えている不満を解消するために転職しようと決めることが多く、現職の短所を考えてから求人を探すのが典型的です。
しかし、このようなアプローチで転職先を探した場合、新しい職場で働き始めてから前の職場の方が良かったと後悔することがあります。

その対策として重要なのが、転職活動の初期段階で現職の短所だけでなく長所もよく考えることです。
不満に思っていることを列挙するのは簡単ですが、十分に満足していることや納得できていることとして何があるかを見つけるのは実は簡単ではありません。
それが当然だと思い込んでしまっている場合が多いためです。

しかし、実は現状として満足していることが、次の職場でも同じように満足できるとは限りません。
同僚と少し話をする時間があるのが当たり前と思っていたが、転職したら息つく間もなく働かなければならず、同僚とのコミュニケーションの機会がないと嘆く人もいます。
また、残業が毎日1時間程度あるのは気にしていなかったものの、新しい職場では2倍以上になってしまったというケースもないわけではありません。
今まで良かった部分が転職によって改悪されてしまうと、後悔することになります。
他の職場の状況と比較をしながら、現職の長所を一通り確認することを忘れないようにしましょう。
その中から「やはりこの条件は満たしていて欲しい」というものを選び、転職先を選ぶ際の条件として入れておけば安心です。