理想の職場はこうして探せ!

ジョブチェンジの成功率を高めるコツを紹介

非公開求人を選ぶ

日本は高齢化社会に入り、医療施設をもっと充実させなければならないと言われていますが、看護師は人手不足の状態です。
看護師の求人は17万件ほどあるのに対し、仕事を探している看護師は6万人しかいない現状があるためです。
そのため看護師の転職事情は、売り手市場であると言えます。
このようなことを聞くと、看護師は売り手市場なので条件の良い求人を選べて羨ましいと感じる人もいるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

確かに看護師の求人数は多いですが、求人を出している病院はどこも人手不足であることが多いので、労働条件が良いというわけではありません。
過酷な労働条件が嫌で転職しようと考えたにも関わらず、結局は転職してもあまり労働条件が変わらなかったということも多いのが現状です。

このような看護師の転職の現状を踏まえてなるべく条件の良い転職をしたいと考えているのであれば、非公開求人を選ぶと良いでしょう。
非公開求人は、公開求人に比べて条件が良いものが多いためです。
なぜ求人の情報を非公開にしているかというと、条件が良いものを一般公開してしまうと、応募者が殺到してしまうためです。
応募者がたくさんいると選考するのに時間がかかってしまうので、その時間とコストを削減するために非公開にしています。
非公開求人は転職エージェントに登録すると紹介してもらえることがあるので、看護師として転職する場合は積極的に活用するようにしましょう。
条件の良い職場であれば、長く働くことが可能です。